1. 最上不動産
  2. アルステージの家づくり
  3. 高品質の家づくり
  4. 躯体構造1−構造材・床

アルステージの家づくり

躯体構造1−構造材・床

躯体部分

骨太の「筋違い」で強度をさらにアップ

家が歪まないよう強く補強するため、梁と柱の間(壁の要所)に取り付けられているのが「筋違い」。
(この「筋違」の木材に公庫基準と同等の「筋違」を使用しています。)

●梁や柱といった構造体はもちろん、間柱や窓台など下地にもJAS認定集成材を使用しています。集成材は天然木の良質な部分を高精度加工し、反りや伸縮といった木材の欠点を克服。天然木以上の強度と安定した品質を誇ります。
●床部分は二重貼り構造。フローリング下地に24oと十分な厚みを持つ構造用合板下地材を合わせ、強度を高めるのみならず、たわみなどを抑制しました。

乾燥材の建物は『丈夫で安心』

施工後の木材のひずみが少なくなる
未乾燥材より、強度が高い。
接着性や加工性等が向上する
◆暮らしを守る確かで強い構造。 ◆床二重張り

フローリング下地に厚さ24mmの構造用合板を張ることにより、床強度、さらには建物の強度を高めています。
筋違い2本と間柱を組み終わった様子。
柱と柱の間が90pの筋違い
分譲実績
家づくりのこだわり
  • 高品質な施工
  • 健康快適な生活
  • 安心のアフターサービス
  • キッチン
  • システムバス
  • トイレ
  • 洗面化粧台
  • 床材・建具
  • 玄関ドア・サッシ
  • 外壁
  • 屋根
不動産買い取り致します! 中古物件情報 よくある質問/FAQ サカイ引越センター特別ご優待割引!